ネットバンクの先駆者的存在のジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行のメリット・デメリット

ジャパンネット銀行はインターネットを利用した金融取引により、お客様にサービスを提供するインターネット専業銀行です。インターネット専業銀行は実店舗による有人窓口業務を行わないことから、低減された経費をお客様のサービスへ還元しています。

ジャパンネット銀行ではインターネット銀行特有の手数料の割引や、様々なキャンペーンや特典サービスを実施しています。ここではこのように現代社会のニーズに合わせた営業活動を展開する、ジャパンネット銀行のメリットとデメリットをご紹介します。

ジャパンネット銀行のメリットしては、まずはインターネット銀行の最大のメリットとも言える、24時間いつでもどこからでもパソコンやスマートフォン、携帯電話によりご利用いただけることです。また、振込手続きなどもリアルタイムでご利用いただけることもメリットの一つです。

ご自分の口座に入出金があった場合には、リアルタイムで「お知らせメール」が届くので、逐次口座の状況を確認することが出来ます。ご自分の口座の残高や入出金の状況が常に把握できることは、モバイル端末を活用する上では大きなメリットとなるのではないでしょうか。

そしてジャパンネット銀行ならではのメリットとしては、電気料金や保険会社といった公共料金引き落としや自動引き落としが出来ることです。また、公営ギャンブルや中央競馬などの投票券購入の引き落とし口座に使用できることも特徴的なメリットです。

ジャパンネット銀行のデメリットとしては、インターネット専業銀行であることから自社の店舗やATMが無いので、お金の入出金には提携先のATMを利用しなければならないことです。また、インターネット銀行同士で比べると、ATM利用手数料や入出金や振込手数料などには大きな優遇性はないことがあげられます。

また、提携先金融機関も他社に比べると限りがあることもデメリットの一つと言えるかもしれません。しかしながら、ジャパンネット銀行は手数料以外では、特徴的な優遇メリットやキャンペーンを多く提供しているので、総合的にはメリットの大きいインターネット銀行ではないでしょうか。