ネットバンクの先駆者的存在のジャパンネット銀行

そもそもジャパンネット銀行とは

ジャパンネット銀行は日本国内を代表する、インターネット専業銀行です。インターネット専業銀行なので、一般の銀行のように自社店舗による有人窓口サービスは行わず、パソコンやスマートフォン・携帯電話などにより、インターネットやATMを利用して金融取引を行う銀行です。

インターネット銀行というと不安を感じる方もいるかと思いますが、ジャパンネット銀行は自己資本比率も40%近くであり、格付けA+(シングルAプラス)に評価される信頼できるインターネット銀行です。

インターネット専業銀行であるジャパンネット銀行は、店舗運用費がかからないので利息や手数料など、お客さまへメリットを還元しています。また、店舗窓口営業ではないので、24時間いつでもご利用いただける銀行です。

お金の出し入れや金融サービスのご利用については、ジャパンネット銀行のキャッシュカード無料発行により、ゆうちょ銀行やコンビニエンスストア設置のATMがご利用出来るので、全国どこからでも安心してご利用いただけます。

インターネット銀行として気になるセキュリティについては、ご利用の際にワンタイムパスワードを発行する「トークン」を使用するので、信頼あるセキュリティ管理となっています。トークンは1分毎に異なるパスワードが表示され、1回ごとの使いきりなので安全に使用できます。

ジャパンネット銀行は各種ローン商品、投資信託、FX、Visaデビット、ネットオークション決済、BIG−TOTO、公営競技などインターネットの強みを生かした個性的なサービスが用意されています。

ジャパンネット銀行はインターネット銀行では、運用性・安全性・信頼性に定評のある、ネット専業銀行として知られています。ジャパンネット銀行ならではの、新しいネット銀行の活用法を利用して、お客様のライフスタイルに合わせてご利用いただける銀行です。